西日本最大の軽自動車未使用車専門店SAKODAグループ

スタッフブログ

BLOG

ハスラー 特別仕様車 Jスタイル とタフト 特別仕様車 クロムベンチャー

渡辺

この記事を読んでいるあなたは、

  • ハスラーとタフトの特徴は?
  • ハスラーとタフトの違いを知りたい
  • オススメの軽自動車を教えてほしい

このような疑問や悩みを持っているかもしれません。

最近の軽自動車マーケットでは「スーパーハイト系」が大流行しています。

今回はスーパーハイト系の代名詞「ハスラー」と「タフト」の特別仕様車を徹底比較しました。

ハスラー 特別仕様車 Jスタイルはどんな車?

(引用:スズキ公式サイトより)

まずはハスラーの特別仕様車「Jスタイル」が、どんな車なのか紹介していきます。

通常のハスラーとの違いやベースになっている車種、Jスタイルがオススメな人など、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハスラー 特別仕様車 Jスタイルの特徴

ハスラー特別仕様車Jスタイルは、2020年11月17日から販売されました。

「ハイブリッドX」および「ハイブリッドXターボ」がベースになっており、ルーフレールや専用メッキフロントグリル、専用シートをはじめとした、上質で高級感のあるデザインが特徴です。

ハスラーは2014年から販売されてから、軽自動車販売数で常に10位以内をマーク(引用:全国軽自動車協会連合会 軽四輪車 通称名別 新車販売確報)しており、根強い人気を誇っています。

ハスラー 特別仕様車 Jスタイルの魅力

ハスラー特別仕様車Jスタイルの魅力は、なんといっても洗練された「内装」と「外装」です。

HUSTLERアルファベットエンブレムをフロントに採用や、6種類のJスタイル専用カラーなど、外装からもデザイン性の向上を感じられる仕様になりました。

また、特別仕様のレザー調ファブリックシート表皮は、車内に入ればすぐにそのグレードアップを体感できるでしょう。

360°プレミアムUV&IRカットガラスと、ナノイー搭載フルオートエアコンを装備しており、機能面も特別仕様になっています。

マイルドハイブリッドを採用しているので、燃費は自然吸気エンジンで25.0㎞/Lと軽自動車の中でも高水準です。 車に乗る頻度が高い人や、長距離移動を想定している人に、オススメの車種といえるでしょう。

タフト 特別仕様車 クロムベンチャーはどんな車?

(引用:ダイハツ公式サイトより)

それでは次に、タフト特別仕様車クロムベンチャーについて紹介していきます。

ダイハツ「タフト」といえば、全車標準装備のガラスルーフから味わえるミニバン並みの開放感。

四角いヘッドライトが印象的で、そのデザインに一目惚れしてしまった人も多いのではないでしょうか。 ハスラーと比較する前に、通常のタフトとの違いやクロムベンチャーの魅力をおさらいしておきましょう。

タフト 特別仕様車 クロムベンチャーの特徴

タフトは2020年6月にデビューした比較的、新しいダイハツの軽SUVです。

同カテゴリーで圧倒的な人気を誇っているスズキ「ハスラー」の対抗馬として開発された経緯があります。

そのため、全体的なデザインはハスラーと同じく、四角っぽさが取り入れられていますが「スカイフィールトップ」のおかげで、差別化はできているといえるでしょう。 今回、紹介するタフト特別仕様車クロムベンチャーは「G」および「Gターボ」がベースモデルとなっています。

タフト 特別仕様車 クロムベンチャーの魅力

タフトにはアクティブなイメージを持っている人も多いと思いますが、タフト特別仕様車クロムベンチャーは内外装ともに、落ち着いたデザインに変更されています。

外装にはクロームメッキのグリルを採用しており、通常のタフトと比べて明らかに高級感のある仕上がりになっています。

また、通常のタフトはインパネにアクセントカラーとしてオレンジを採用していますが、クロムベンチャーはダークシルバーになっているなど、内装でも上質感の向上は感じられるでしょう。

ハスラー 特別仕様車 Jスタイルとタフト特別仕様車クロムベンチャーを徹底比較

(引用:スズキ公式サイトより)

(引用:ダイハツ公式サイトより)

ここからは、ハスラー 特別仕様車「Jスタイル」とタフト特別仕様車「クロムベンチャー」を比較していきます。

「価格・燃費」「デザイン」「室内空間と乗り心地」この3つのポイントに焦点を絞って比較しているので、どちらが自分に合っている車なのか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

価格・燃費比較

まずは価格から比べてみましょう。

ハスラー 特別仕様車Jスタイルの最上位モデル「Jスタイルターボ4WD・CVT」は1,823,800円(税込)に対して、とタフト特別仕様車クロムベンチャーの最上位モデルの「Gターボクロムベンチャー4WD」は1,798,500円(税込)となっています。

価格差は25,300円で、タフト特別仕様車クロムベンチャーに軍配が上がりました。

次に、先ほどのモデルで燃費を比べてみます。

WLTCモード燃費で比べてみると、ハスラー 特別仕様車Jスタイルは22.6㎞/L、タフト特別仕様車クロムベンチャーは19.6㎞/Lとなっています。

燃費のことを考慮すれば、タフト特別仕様車クロムベンチャーの方がお買い得といえるでしょう。

デザイン比較

次にデザインを比較していきます。

しかし、タフトはハスラーに対抗して開発されたモデルなので、外見は非常に似ています。

強いて違いをあげるなら、タフトに採用されている「スカイフィールトップ」でしょう。

落ち着いた印象のインテリアに囲まれて見る車内からの景色は、タフトならではの強みになっています。

かなり開放感があるので、より高級感のあるデザインを求めている人には、ハスラー 特別仕様車Jスタイルがオススメです。

室内空間と乗り心地比較

それでは最後に室内空間と乗り心地を比較していきます。

室内の広さに大きな影響を及ぼすホイールベースは、両者ともに同じサイズです。

しかし、室内スペースは若干ですがハスラーが上回っており、リヤシートのスライド機能がタフトにはないことも影響して、室内空間はハスラーの方が優れています。

乗り心地に関しては、両車ともに非常に優秀です。 ハスラーには、オートブレーキホールド機能が搭載されていないことを考慮すれば、信号待ちが多い市街地走行ではタフトの方が走行性能は優れているでしょう。

まとめ

今回はスーパーハイト系の代名詞「ハスラー」と「タフト」の特別仕様車についてお伝えしました。

さまざまなデータを比較してみると、どちらかが明らかに優れているわけではなく、まさに一長一短でした。

そのため、自分がどんな車を求めているかを明確にしてから選んだ方がいいでしょう。

両車ともに非常に魅力的な車なので、ぜひ乗車してから決断することをオススメします。

👇その他の在庫の情報もチェック!!👇

サコダ車輌HP🚙🚙

サコダ車輌五日市カーセンサー🚙🚙

サコダ車輌東広島カーセンサー🚙🚙

渡辺
渡辺
ご商談の⽅はこちら ご商談の⽅はこちら
ご商談の⽅はこちら
在庫車お問合せ専用ダイヤル
営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜日(祝日の場合は営業)
LINEで問い合わせ LINEで問い合わせ
SAKODAグループ「LINE公式アカウント」
お車探しのご質問もお気軽にどうぞ!お得な情報も配信!QRからお友達追加できます。
メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
メールで問い合わせ
専用フォームからお問い合わせ
いただけます。
点検・車検、保険・事故その他のお問合せ 点検・車検、保険・事故点検・車検、保険・事故その他のお問合せ
点検・車検、保険・事故
その他のお問合せ
ご相談専用ダイヤル
営業時間 10:00〜18:00
定休日 年末年始他