EVERYDAY

社員が業界人としても人としても
着実に成長できるような教育制度・環境をご紹介します。

資格取得サポート

  • 検査員

    検査員資格は車検工場で仕事をするために必要不可欠な資格です。この資格を取得するためには国家自動車整備士資格2級を取得後、2年間の実務経験が必要になります。受験費用や講習の時間など、会社のフルサポートのもと資格取得を目指していきます。

  • 保険募集人

    損害保険募集人資格は、自動車会社の社員にとって必要不可欠な資格です。入社後全員が会社のサポートを受けながら資格を取得し、お客様に安心して頂ける力を身につけていきます。
    お客様に不安感を与える事は許されません。広島市の自動車会社として、社員はそれに見合う力を身に付けなければならないのです。

  • 国家自動車整備士資格

    サコダ車輌の整備士の半分は無資格での入社です。新入社員には資格の有無を問わず先輩が一から指導していきます。1年後には無資格の社員でも、資格を持って入社した社員と同じ仕事が出来るようになります。国家自動車整備士資格は現場経験年数などの条件があるためそれを満たしながら、順に資格を取得していきます。

研修制度

  • ローテーション

    入社してから数か月の間はローテーションで全ての部署(整備、営業、保険課、CRM等)を回りすべての仕事を経験します。
    そうすることで、配属後も他部署のことを思いやり、お互いのことを考えながら仕事が出来るのです。

  • 社外研修

    年に数回、社外での研修会もあります。例えば、全国から同業他社の新入社員が集まって、他社の同期になる社員と交流を深める研修があります。
    この研修では同期入社の社員が他県で頑張っている姿を見て、自分も頑張らなければと再度気合を入れるとても大切な研修です。

  • 年次別星取表

    サコダ車輌では1年目の社員はもちろん、2年目以降の社員にもしっかりとした研修制度があります。そのうちの1つが年次別の星取表です。同期でお互い切磋琢磨しながら着実に成長できる環境があります。

評価・表彰

社員総会

サコダ車輌が最も大切にする行事が社員総会です。パートナー企業様をお招きして、前年度の業績の発表と本年の目標を共有したり、会社に大きく貢献した社員を各部門ごとに分けて盛大に表彰しています。
全社員にスポットライトがあたるチャンスがあり、社員はこの場で表彰されることを目標の1つとしています。

社内技術コンクール

コバック甲子園

サコダ車輌ではエンジニアの技術向上を目指して、社内の技術コンクールを年に二回開催しています。優勝者は次のコバック全体の技能大会へ出場が約束されています。また、社員総会での表彰対象にもなるため、コンクールが近づくにつれ、全エンジニアが技術向上を目指して自主練習に励みます。メカニックにとって成長のチャンスとなる大会です。

社員寮

福利厚生の中の一つとして社員寮があります。会社の寮というと、門限や規則が厳しそうといったイメージがありますが、そうではありません。若い社員が不便なく生活していく場であり、社会人としての常識、先輩後輩への気遣いや指導、同期とのコミュニケーションを学ぶための大切な場です。