西日本最大の軽自動車未使用車専門店SAKODAグループ

スタッフブログ

BLOG

人気の軽SUV「ハスラーJスタイル」と「ハスラー」「タフト」を徹底比較!一番おすすめなのはどれ?

渡辺

ハスラーJスタイル(HUSTLER J STYLE)は、2020年に登場したスズキの軽自動車です。

スズキの人気車種・ハスラー(HUSTLER)の派生シリーズになります。

ハスラーは「クロスオーバーSUV」と呼ばれる人気のジャンルで、軽自動車の「ハイトワゴン」スタイルにワイルドな「SUV」」を融合させた車種です。

そんなJスタイルやハスラーのライバルになるのが、ダイハツのタフト(TAFT)。

しかしハスラーJスタイル、ハスラー、タフトは、同じジャンルの車種だけに違いがわかりにくいです。

そこでJスタイル、ハスラー、タフトを徹底比較してみました。 ぜひ、車選びの際の参考にしてみてください。

なお、比較は2021年8月現在の情報にもとづいています。

ハスラーJスタイル、ハスラー、タフトの特徴

まずは、3車種の特徴・概要から見ていきます。

ハスラーJスタイルの概要

ハスラーJスタイルは、スズキが製造するクロスオーバーSUVの軽自動車です。

人気の同社・ハスラーの特別仕様車として、2020年11月に登場しました。

Jスタイルは、ハスラーのグレードのうち上位にあたる「ハイブリッドX」と「ハイブリッドX ターボ」の2グレードをベースにし、それぞれ2WDと4WDが設定されています。 価格帯は159万〜182万です。

Jスタイルがハスラーと違う点を挙げると、おもに以下のとおり。

  1. フロントまわりの外観がメッキパーツになっている
  2. ドアハンドルがメッキパーツになっている
  3. ルーフレールが標準装備
  4. 内装色がクールで落ち着いた雰囲気のものになる
  5. ガラスはUV&IRカットガラスを採用
  6. ボディーカラーの種類が異なる
  7. グレードは「ハイブリッドX」と「ハイブリッドX ターボ」の2種類のみ

ハスラーをよりスタイリッシュでクールにした、特別なハスラーがJスタイルです。

ハスラーの概要

ハスラーは、スズキのクロスオーバーSUVの人気軽自動車です。
2014年に初代モデルが登場しました。
スズキの代表的な車種のひとつ・ワゴンRをベースにしています。

「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトにし、アウトドアなどのレジャーを趣味にする人をターゲットにしました。
2019年12月に2代目へのフルモデルチェンジを実施しています。

ハスラーのグレードは、以下の4種類。

● ハイブリッドX
● ハイブリッドX ターボ
● ハイブリッドG
● ハイブリッドG ターボ

いずれも2WDと4WDが設定されています。
価格帯は151万円〜179万円です。

なおJスタイルはハスラーの上位2グレードをベースにしているため、以降の比較では、ハスラーの上位2グレード「ハイブリッドX」「ハイブリッドX ターボ」のみで紹介していきます。

タフトの概要

タフトは、ダイハツが製造しているクロスオーバーSUVの軽自動車です。

実は、タフトはかつて1974年から1984年までつくられていたのです。
このときはジープタイプの小型四駆車でした。

その後、2020年6月にクロスオーバーSUVの軽自動車として登場します。
とはいえ、1974年に発売されたタフトとはまったく異なるものなので、名称を引き継いだこと以外は別の車と考えていいでしょう。

タフトは「ジブン、オープン、青空SUV」をキャッチフレーズにしていて、アウトドアなどのレジャー向けの車として開発されています。

タフトのグレードは、以下のとおりです。

  • 特別仕様車 Gターボ ・クロム ベンチャー
  • Gターボ
  • 特別仕様車 G ・クロム ベンチャー
  • G
  • Xターボ
  • X

いずれも2WDと4WDが設定されています。

価格帯は135万円〜179万円です。 なおJスタイルに合わせ、以降の比較では、上位グレード「特別仕様車 Gターボ ・クロム ベンチャー」「Gターボ」「特別仕様車 G ・クロム ベンチャー」「G」を紹介していきます。

ハスラーJスタイル、ハスラー、タフトをシートアレンジで比較

ハスラーJスタイル、ハスラー、タフトは3車種ともアウトドアといってレジャー向けの車です。

そこで重要なのが、シートアレンジ。

3車種のシートアレンジを比較してみます。

なお3車種共通のポイントとして、荷室の水拭きができて簡単に汚れが落とせるようになっています。

また荷室の収納が豊富なのもポイント。
レジャー向けのクロスオーバーSUVならではの特徴です。

ハスラーJスタイルのシートアレンジ

Jスタイルは、後席が最大160mmスライドできるのが特徴です。
後席をめいっぱい前にすれば、荷室の奥行を広げられます。

普段の荷室の奥行は280mmですが、後席スライドによって最大で奥行が445mmまで拡大。 なお、後席を最大まで前にスライドさせても、後席に人が座れます。

さらに全席・後席をすべて倒したフルフラット状態にすれば、車中泊も可能です。 またタフトの全高1630mmに比べ、Jスタイルは全高1680mmと高く、室内空間に余裕があります。

ハスラーのシートアレンジ

ハスラーも、Jスタイル同様のシートアレンジが可能です。

後席スライド機構も搭載し、荷室の拡大やフルフラットによる車中泊など、レジャーに便利なシートアレンジになっています。

タフトのシートアレンジ

タフトは、後席の前後スライド機構がありません。

タフトの後席の背もたれを前に倒すと、座面も連動して下がるようになっています。

荷室奥行は、370mm固定。
フルフラットには対応しておらず、後席を前に倒した状態でも大人が快適に横になれないので、タフトは車中泊に不向きです。

シートアレンジ、荷室の使い勝手などではJスタイルやハスラーに比べると、タフトは少し見劣りしてしまいます。 なお、その分タフトのシートは座り心地がよいです。

ハスラーJスタイル、ハスラー、タフトを安全運転支援システムや装備で比較

毎年進化を続けている、安全運転支援システム。
いまや安全運転支援システムも、車選びの重要なポイントのひとつになりました。 そこでハスラーJスタイル、ハスラー、タフトの3車種の安全運転支援システムを比較してみます。

システムハスラーJスタイルハスラータフト
アダプティブ・クルーズ・コントロール
Gターボは標準
Gはオプション
車線逸脱抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
ハイビームアシスト
全方位モニター
オプション

オプション

オプション
駐車支援システム
オプション

オプション

オプション
衝突警報機能
衝突被害軽減ブレーキ機能
後退時ブレーキサポート
誤発進抑制機能
後方誤発進抑制機能

3車種とも、ほぼ同じ安全運転支援システムを搭載しています。

またJスタイルとハスラーも、ほぼ同じです。

なおハスラーでアダプティブ・クルーズ・コントロールがついているのは「HYBRID Xターボ」と「HYBRID Gターボ」2グレードのみになります。 またタフトでは、Gターボにはアダプティブ・クルーズ・コントロールが標準搭載ですが、Gはオプションです。

安全運転支援システムではほぼ互角ですが、安全運転支援システム以外で運転に関わる装備に違いがあります。

たとえばパーキングブレーキは、Jスタイルとハスラーが従来型の足踏み式に対し、タフトは電子式パーキングブレーキを採用。

さらに、運転以外の装備もタフトは充実しています。

画像元:ダイハツ

サンルーフを全グレードに装備し、スマートフォンなどと連携できる「ダイハツコネクト」、車内Wi-Fiを完備するなど便利な機能や装備が多いです。 そのため運転装備の充実度では、タフトがリードしています。

ハスラーJスタイル、ハスラー、タフトを燃費で比較

車を選ぶとき、燃費はどれくらいなのか気になるところ。

ハスラーJスタイル、ハスラー、タフトの燃費はどれくらいなのか比較してみました。

燃費の測定方式は、WLTCモードです。 【ターボ車2WD】

車種グレード燃費
ハスラーJスタイルハイブリッドXターボ22.6km/l
ハスラーハイブリッドXターボ22.6km/l
タフト特別仕様車 Gターボ ・クロム ベンチャー
Gターボ
20.2km/l
20.2km/l

【ターボ車4WD】

車種グレード燃費
ハスラーJスタイルハイブリッドXターボ20.8km/l
ハスラーハイブリッドXターボ20.8km/l
タフト特別仕様車 Gターボ ・クロム ベンチャー
Gターボ
19.6km/l
19.6km/l

【NA車2WD】

車種グレード燃費
ハスラーJスタイルハイブリッドX25km/l
ハスラーハイブリッド25km/l
タフト特別仕様車 G ・クロム ベンチャー
G
20.5km/l
20.5km/l

【NA車4WD】

車種グレード燃費
ハスラーJスタイルハイブリッドX23.4km/l
ハスラーハイブリッド23.4km/l
タフト特別仕様車 G ・クロム ベンチャー
G
19.7km/l
19.7km/l

ハスラーJスタイルとハスラーが、タフトに比べると燃費がよい結果となりました。 Jスタイルとハスラーでは、燃費に差はありません。

まとめ

人気のクロスオーバーSUVの軽自動車・ハスラーJスタイルと、ハスラー、タフトを比較してみました。

ポイントをまとめてみると、 以下のとおりです。

  • シートアレンジの豊富さや車中泊ならハスラーJスタイルかハスラー
  • 安全運転支援システムはどれもほぼ同等だが、電子パーキングブレーキ搭載のタフトが一歩リード
  • 装備の充実度ならタフト
  • 燃費のよさならハスラーJスタイルかハスラー
  • クールでスタイリッシュの外観が好みならハスラーJスタイル

ハスラーJスタイルと、ハスラー、タフトのどれがいいか迷ったとき、ぜひ参考にしてください。

👇その他の在庫の情報もチェック!!👇

サコダ車輌HP🚙🚙

サコダ車輌五日市カーセンサー🚙🚙

サコダ車輌東広島カーセンサー🚙🚙

渡辺
渡辺
ご商談の⽅はこちら ご商談の⽅はこちら
ご商談の⽅はこちら
在庫車お問合せ専用ダイヤル
営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜日(祝日の場合は営業)
LINEで問い合わせ LINEで問い合わせ
SAKODAグループ「LINE公式アカウント」
お車探しのご質問もお気軽にどうぞ!お得な情報も配信!QRからお友達追加できます。
メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
メールで問い合わせ
専用フォームからお問い合わせ
いただけます。
点検・車検、保険・事故その他のお問合せ 点検・車検、保険・事故点検・車検、保険・事故その他のお問合せ
点検・車検、保険・事故
その他のお問合せ
ご相談専用ダイヤル
営業時間 10:00〜18:00
定休日 年末年始他