西日本最大の軽自動車未使用車専門店SAKODAグループ

スタッフブログ

BLOG

ニッサンルークスの特徴やオススメポイントは?ライバル車との違いも解説

渡辺

ニッサンルークスは2020年3月に登場した、スーパーハイトワゴンに分類されるタイプです。

スーパーハイトワゴンと言えばホンダ「N-BOX」や、ダイハツ「タント」スズキ「スペーシア」など、超人気車種が揃っている激戦区です。

今回は、ニッサンルークスの特徴や、オススメポイントについて紹介していきます。

ライバル車との違いも解説しているので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。

ニッサンルークスとは?

ニッサンルークスは1,700mmを超えるスーパーハイトワゴンで、非常に快適な室内空間が特徴の軽自動車です。

現行モデルは3代目となっており、オートエアコンパネルやハンズフリーボタンなど、ニッサンの最先端技術が詰め込まれています。

また、ニッサンルークスという名前は「ルーム(Room)」と「マックス(Max)」を掛け合わせた造語で、ニッサンルークスの室内空間の広さを表しています。

後部座席のスライドシートは、最大可動域320mmで、左右にスライドして独立させることも可能なので、自由度は高いでしょう。

現行モデルは、以下6つのグレードをラインアップしています。

  • ルークス S
  • ルークス X
  • ルークス ハイウェイスター X
  • ルークス ハイウェイスター X プロパイロットエディション
  • ルークス ハイウェイスター G ターボ プロパイロットエディション
  • ルークス オーテック

ニッサンルークスの歴史

ニッサンルークスの初代は、2009年12月に登場しました。

発売当初はロングルーフとハイルーフを組み合わせた箱型ボディで、当時から軽自動車の中ではトップクラスの室内空間の広さを持っています。

2014年2月にフルモデルチェンジがおこなわれて、2代目「デイズルークス」が誕生しました。

2代目からは、ニッサンとミツビシの合弁会社である「NMKV」が、マネジメントを担当しており、ニッサンから「ルークス」、ミツビシからは「eKスペース」が発売されました。

ニッサンルークスの現行モデルは3代目で、2020年3月に登場しています。

エクステリアは2代目と同じくトール型のワゴンボディを採用しており、コンパクトなボディサイズと広い室内空間を両立しています。 スライドドアの可動幅を2代目よりも大きくしているので、荷物の乗せ下ろしや乗降性は、さらに向上しているでしょう。

ニッサンルークスの特徴・オススメポイント

ニッサンルークスの主な特徴は、以下の3つです。

  • トップクラスの広さを誇る室内空間
  • 最大可動域320mmのロングスライドシート
  • ニッサンの最先端技術を搭載

それぞれ詳しく紹介していきます。

トップクラスの広さを誇る室内空間

ニッサンルークスのオススメポイントは、なんといっても広々とした室内空間でしょう。

大人4人が座っても、十分なスペースが確保されているので、家族のメインカーとしての使用でも問題ありません。 室内高は1,390mmもあるので、子どもであれば立って着替えることも可能でしょう。

最大可動域320mmのロングスライドシート

最大可動域320mmのロングスライドシートも、ニッサンルークスの魅力の1つです。

後部座席でも足回りのスペースが十分に確保できるので、長時間のドライブでもゆったりとくつろぐことができます。

また、後部座席のシートを1番前までスライドさせると、荷室のスペースは660mmまで広がります。

ハンズフリーのスライドドアも搭載されているので、荷物の乗せ下ろしや乗降性はかなりう優秀です。

ニッサンの最先端技術を搭載

ニッサンルークスは、安全装備や運転支援機能も充実しています。

衝突被害軽減ブレーキ・前方衝突予測警報・標識検知機能など、ニッサンの最先端技術が採用されています。

アクセルの踏み間違え防止機能や、車線逸脱防止システムも搭載されているので、運転が苦手な人でも安心です。 しかし、グレードによっては、搭載されていないモデルもあるので、購入時には必ず確認しておきましょう。

ニッサンルークスの売れ行きは不調?

最近登場している軽自動車は、ほとんどがスーパーハイトワゴンで、軽自動車の激戦区と化しています。

ニッサンルークスの発売開始から、半年での月間平均販売台数は「6,335台」です。

他のメーカーのスーパーハイトワゴンは、1万台を超えており、ライバル車とは大きな差をつけられています。

特に人気のあるホンダ「N-BOX」の、半年での月間平均販売台数は「16,489台」です。

販売台数だけを見るとニッサンルークスの売れ行きは不調と思えますが、これにはメーカーとしての事情があります。

当たり前ですが、ニッサンにはルークス以外にも多くの車種がラインアップされており、それぞれがバランスよく売れています。

しかし、ニッサンルークスのライバル車たちのメーカーは、売上が軽自動車に偏っていたり、もともと軽自動車をメインに扱っていたりと事情が異なります。

ニッサンには「デイズ」や「ノア」「セレナ」など、堅実な販売台数を誇る自動車が多く存在しているので、ニッサンルークスの売上が不調とまでは言えません。 また、発売時期が2020年2月なので、コロナウイルスの影響も受けているでしょう。

ニッサンルークスのライバル車との違いは?

ニッサンルークスのライバル車であるホンダ「N-BOX」や、ダイハツ「タント」スズキ「スペーシア」は、すべてニッサンルークスよりも先に登場しています。

そのため、ライバル車たちの問題点を踏まえた上で、ニッサンルークスは開発されているので、基本スペックは非常に高いです。

現在、日本で1番売れている車であるホンダ「N-BOX」の実燃費は19.6km/Lですが、ニッサンはルークスは25.1km/Lと大幅にリードしています。 また、車高が高いため安定しており、視認性も良好なため、運転のしやすさもライバル車たちと比較するとニッサンルークスに軍配が上がるでしょう。

ニッサンルークスまとめ

今回は、ニッサンルークスの特徴や、オススメポイントについてお伝えしました。

ニッサンはルークスは非常に高いスペックを持っていますが、スーパーハイトワゴンは激戦区なので、今後はニッサンルークスを脅かすモデルが登場する可能性は高いでしょう。

とはいえ現時点では、スーパーハイトワゴンの中で、頭一つ抜けたスペックを持っていることには変わりないので、非常にオススメできる車です。

この記事を読んで気になった人は、ぜひ乗車してみてください。

渡辺
渡辺
ご商談の⽅はこちら ご商談の⽅はこちら
ご商談の⽅はこちら
在庫車お問合せ専用ダイヤル
営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜日(祝日の場合は営業)
LINEで問い合わせ LINEで問い合わせ
SAKODAグループ「LINE公式アカウント」
お車探しのご質問もお気軽にどうぞ!お得な情報も配信!QRからお友達追加できます。
メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
メールで問い合わせ
専用フォームからお問い合わせ
いただけます。
点検・車検、保険・事故その他のお問合せ 点検・車検、保険・事故点検・車検、保険・事故その他のお問合せ
点検・車検、保険・事故
その他のお問合せ
ご相談専用ダイヤル
営業時間 10:00〜18:00
定休日 年末年始他